•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    大学2年の夏、都会に慣れていない私は田舎のレポートを書くことになり、叔母の家に行くことにしました。ここで幼い頃から密かに想いを寄せていた従妹のつばさちゃんと出会う。現在は結婚していますが、夫の浮気が原因で半年ほど実家を離れていました。彼女は今でもとても美しくて魅惑的です、その美しい顔と豊満な体、その致命的な魅惑的な香り。彼女は下着も履いていなかったので、丸い豆型の胸が見えました。今日はお祭りだったのでみんなお休みで、雨に濡れた彼女の浴衣を見ていると理性が狂いそうになり、慌ててセックスして子宮の奥まで射精してしまいました。そしてそれ以来、私たちはお互いをよりよく理解し、彼女の幸せをもたらすためにあえて浮気をした彼女のろくでなしの夫を置き換えたいと思いました。たとえ叔父と叔母がそばにいたとしても、妹と私はどこでもセックスできます。