•  1
  •  2
  • コメント  読み込み中


    オクタヴィア・レッドが友人の家で待っていると、友人の父親であるブラッドが入ってきた。ブラッドは運動で少し痛んでいたので、オクタヴィアがマッサージをしてあげると申し出た。ブラッドにマッサージをしている間、オクタヴィアは彼がどれほどクールであるかに気づき、友人を待っている間の時間を過ごすための最良の方法は友人の父親のチンポに乗ることだと決心しました。